女医

緑内障で失明しないために~セルフチェックで早期発見~

治療

目が霞んでいく病気

緑内障は視界に靄が広がり、次第に視界が狭くなっていきます。最終的には失明してしまう恐れもあります。また、白内障はレンズが濁り、まぶしさを強く受ける病気です。視力低下の恐れがあります。

詳細を読む

検査

視力を取り戻す

現代は目を酷使することが多いため視力の低下が問題視されています。視力回復手術を受けると早急に視力を取り戻すことができます。また、白内障が原因の場合は白内障手術で視力が回復します。

詳細を読む

さまざまな目の病気

視力検査

目は最も酷使されるため、さまざまな病気にかかるリスクを持っています。特に近年、パソコンやスマートフォン、テレビなどが原因で目を酷使する人が増えています。そのため、最近では若い人の間でも緑内障や白内障にかかる人が多くいます。緑内障や白内障は主に老化が原因で発症します。しかし、生活スタイルの変化に伴い若い人でも発症するケースが増えているのです。また、緑内障は失明に繋がる恐ろしい病です。失明してしまわないためにも、早期発見を心掛けましょう。ちなみに、緑内障は治療で改善することはできません。放っておけば悪化して失明してしまいます。緑内障は点眼薬や手術、東洋医学、生活の改善などで進行を抑制するしかないのです。そのため、視界を広く保つためにも定期健診やセルフチェックではやめに症状を察知しましょう。

白内障と緑内障は症状が似ていることから同じものだと捉える人が多くいますが、これらは大きく異なります。緑内障は眼圧の上昇が原因で発症しますが、白内障は目のレンズが白く濁ることが原因です。レンズが光を通せなくなるため通常の光や太陽でもまぶしく感じてしまいます。また、視力が著しく低下しますが、手術を受けると回復します。白内障は治療で完治することができるのです。とはいえ、再発や視力低下する恐れもあるので術後も注意しましょう。視力の低下により視力回復手術を受けたいと考えている人は、自分に適した手術方法や治療方法を把握することが大切です。また、眼精疲労はさまざまな目の病気を引き起こすため目を酷使する機会が多い人は注意しましょう。定期健診や予防のためにトレーニング、マッサージを施すと適切です。

目元

失明してしまう目の病

緑内障の原因は主に老化による眼圧の上昇です。遺伝で発症することもあります。40歳以上の人に多く見られるため、40歳を過ぎたら定期的に検査を受けましょう。日頃のセルフチェックで早期発見し、目を守りましょう。

詳細を読む